「三匹軽井沢を行く」のオフィシャルサイト「Lucy Web!」は、志なかばにして、閉鎖いたしました‥‥。7年間どうもありがとうございました。
「なぜ?」っと疑問に思われた方は、ココを見てみてください。


ルーシー姉さん(♀)
Mブルテリア
2001年7月11日生
【 名前の由来 】
イギリス犬なのでビートルズにちなみ
本人はその気ではないのに、オールドさん達に勝手に慕われ尊敬されてるのに、オールドさんのモサモサに埋もれ、いつも影が薄い‥。お散歩とオナラをする自分が嫌い。三匹の中で唯一、モデルとして稼ぎがある親孝行な娘である。飼い主とオー次郎には厳しいが、なぜかリンゴには甘い・・・
ルーシーのお仕事見る?



オー次郎(♂)
通称:オーちゃん
OES
2000年5月1日生
【 名前の由来 】
保護した家でオールドなので、オーちゃんと呼ばれていたので
軽井沢で置き去り犬だったオー次郎。野良オールドとして保護され、5歳の時に仲間入りする。来た頃からオヤジキャラだったので、オヤジ郎とも呼ばれている。現在「自己免疫性血小板減少症」と「甲状腺機能低下症」と漢字ばかりの2つの持病を持つ。かなり天然で普段は大人しく、おっとりしており、ルーシーとリンゴに怒られてばかりいるが、意外と喧嘩っ早い。若い女の子が大好きなエロオヤジである‥。一言で彼を例えると「ゆるい」



リンゴ(♀)
OES
2003年3月19日生
【名前の由来】
ルーシーと同じくイギリス犬なのでビートルズにちなみ

とにかくウザイぐらい底抜けに明るい性格。残念なことにルーシーを見習って育ってしまったので、変なオールドになってしまった。いつもクネクネしており、やたらと体が柔らかい。ワンコはすべて「親友」だと思っており、自分を小型犬だと思っているらしい。車が苦手で未だに酔う。常にベロが出ているのが特徴。乳ガンができてしまったが無事摘出、現在再発防止のため日々格闘中!




血統のロマンを求めて
るな生活
むぎばたけ
ハクの日記
KOMA BUUNO
以蔵君
チャールズ1世?Love×∞?
ペットの鏡?!★Merry
はーたんと・・!!
La de casa RALPH
ぶーりーのかぶとむし
marblesちゃん
ホワイトデビルちゃんぷ
ポッキーズルーム
三鬼遊のつれづれ日記
いつもいっしょ♪
Two Bullet Dogs-Mr.Boo&MINNIE
ジロと花の散歩道
長茄子日記
フランダースの犬
OESセエラ&何気ない風景
momochan





300匹の犬達
昨日、夜から雪になりました。
さすがに、今日は暖かかったので、ほとんど溶けてしまいましたが、もう雪は降らないかなぁ?と思って、オー次郎を20日にトリミングに出したばかり‥。
なめてました‥軽井沢を‥。
反省の番頭です‥(T.T)


ちょっと忙しくしており、ブログで触れる事ができませんでしたが、3月上旬にワイドショーで話題になった「軽井沢で300匹を飼っているブリーダー」。
19日に佐久保健所で、譲渡会が行われました。

民放が見られなかった番頭は、このことをぜんぜん知らず、19日の譲渡会の前々日に詳しい情報を知りました。これだけマスコミでも取り上げましたから、19日の譲渡会では、きっとそれなりの成果は上がってくれるはず。っと思っていましたが、翌20日に譲渡会に参加した人からの話を聞いたところ、まだ残っている犬がたくさんいるとか‥。
オー次郎と境遇の似ているこの犬達‥。しかも、残った子達はどうなるんだ!っと思い、何か協力できれば‥っと保健所の方へ問い合わせをしてみました。

まず電話で対応してくださったのは、店の方でつき合いのある保健所の食品衛生の担当の方。その人は元獣医さんと言うこともあり、何かとちょくちょく世話をしてくださいましたので、いろいろと現状などのお話を聞いてみました。

マスコミの影響もあり、19日の譲渡会には300人ぐらい参加されたそうです。
保健所では約70頭ほど引き取り、そのうち64頭引き取られて行ったそうです。
あと残りは6頭とか。
残りの子が少なくて、少しホッっとしました‥。

保健所に引き取った子は、ほとんどが成犬だったそうで、今も残っている6頭も、すべて成犬だそうです。


マスコミで騒いでしまったため、直接ブリーダーに
買いに来る人もいて、保健所では困った状況だとか‥。

「お店の方でも協力できますよ。」っと話をしましたら、譲渡会の後も、問い合わせがかなり来ているので、その様子をみてお願いします。っと言うことでした。


最悪な環境にいたため、譲渡会の子も、ほとんどの子が真菌などの皮膚病にかかっており、治療はしたそうなのですが、完治していない犬ばかりだったそうです。それと、どの犬達も無理な繁殖を虐げられてきた子達ばかりなので、保健所の方でも「皮膚病の治療と不妊手術をしてくれる人。」っと言う条件と、もちろん躾もできていないので、それも理解の上で飼ってくれる方のみ、お渡ししたそうです。

「保健所では、この犬達の命を助けることが最優先だったので、その点を理解のある人にお渡し致しました」と言っておりました。


こういう状態でも、保健所には「何でそんな無責任な個人のブリーダーの尻拭いを行政でやるんだ!」と苦情も多かったとか‥。やはり難しいんですね‥こういう問題は‥。「応援していますから、頑張ってくださいね」としか言ってあげられませんでした‥。


300頭いた残りの200頭以上の子は、保健所が管理しながら、ブリーダー側で業者へ引き渡すなどして、今ではだいぶ数は減ったそうです。
ただ、オー次郎の捨てられた経緯も、ブリーダーが「業者に引き渡す」と言っておきながら、捨てられた子の一匹なので、その点の管理もしっかりしてください‥っと保健所には伝えておきました。

一応、ブルテリアがいたかどうか?聞いてみましたら、やはり一匹いたそうで、
ブリーダーが業者へ引き渡したそうです。


こういう事件は、次から次へと出てくるばかり‥。
アメリカでは、ASPCA(動物虐待防止協会)に属する、いわば動物警察が存在します。必要ならば、加害者を逮捕することができる警察権限を持った団体です。裁判で動物への虐待が認められた場合、1年の禁固刑か罰金が科せられます。そう言った犯罪を犯した場合、今度、動物を飼うことも禁止できます。
日本でも、こういう団体が今は必要なんでしょうね‥。こういう厳しい法律がないと、この現状は変わらない気がします‥。

今回のこの事件でも、今後このブリーダーが犬を飼わないようにしてもらうための、署名活動も行われておりますが、今の法律では、それは難しいのでしょうか?
何となく、やるせない気持ちが残ります‥。

単純に「ペットブーム」が引き起こした被害者の犬達だったかもしれませんが、逆にペットブームだからこそ、犬と一緒に生活する喜びを感じた人達が大勢いたから、その犬達は助かったのかもしれません・・・。
「命の尊さ」と言う子供頃から教わってきたこと。
それって、そんなに難しいことなのでしょうか?

少しでも、こういう事件が減ってくれることを、祈っております・・・。

f0057836_1228415.jpg

オー次郎は今、幸せです。
みんな幸せになってくれるといいですね‥。
[PR]
by lucyapple | 2006-03-23 21:22 | 三匹軽井沢を行く
<< 軽井沢300匹の犬 その後 リンゴ誕生日 >>



軽井沢に越して来た三匹の犬達(ブルテリア1匹、オールド・イングリッシュ・シープドッグ2匹)のワガママ放浪記。
by lucyapple

カテゴリ
三匹軽井沢を行く
リンゴ ガンと闘う日記
オー次郎の血小板減少症
ルーシーのお仕事
軽井沢の植物
以前の記事
最新のトラックバック
インプラントの認定医
from インプラント情報ナビ
ペット保険ガイド
from ペット保険ガイド
サプリメントを知る!
from サプリメントを知る!
カプサイシン
from サプリメント博士の道
Rent私書箱のブログ
from Rent私書箱のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧