「三匹軽井沢を行く」のオフィシャルサイト「Lucy Web!」は、志なかばにして、閉鎖いたしました‥‥。7年間どうもありがとうございました。
「なぜ?」っと疑問に思われた方は、ココを見てみてください。


ルーシー姉さん(♀)
Mブルテリア
2001年7月11日生
【 名前の由来 】
イギリス犬なのでビートルズにちなみ
本人はその気ではないのに、オールドさん達に勝手に慕われ尊敬されてるのに、オールドさんのモサモサに埋もれ、いつも影が薄い‥。お散歩とオナラをする自分が嫌い。三匹の中で唯一、モデルとして稼ぎがある親孝行な娘である。飼い主とオー次郎には厳しいが、なぜかリンゴには甘い・・・
ルーシーのお仕事見る?



オー次郎(♂)
通称:オーちゃん
OES
2000年5月1日生
【 名前の由来 】
保護した家でオールドなので、オーちゃんと呼ばれていたので
軽井沢で置き去り犬だったオー次郎。野良オールドとして保護され、5歳の時に仲間入りする。来た頃からオヤジキャラだったので、オヤジ郎とも呼ばれている。現在「自己免疫性血小板減少症」と「甲状腺機能低下症」と漢字ばかりの2つの持病を持つ。かなり天然で普段は大人しく、おっとりしており、ルーシーとリンゴに怒られてばかりいるが、意外と喧嘩っ早い。若い女の子が大好きなエロオヤジである‥。一言で彼を例えると「ゆるい」



リンゴ(♀)
OES
2003年3月19日生
【名前の由来】
ルーシーと同じくイギリス犬なのでビートルズにちなみ

とにかくウザイぐらい底抜けに明るい性格。残念なことにルーシーを見習って育ってしまったので、変なオールドになってしまった。いつもクネクネしており、やたらと体が柔らかい。ワンコはすべて「親友」だと思っており、自分を小型犬だと思っているらしい。車が苦手で未だに酔う。常にベロが出ているのが特徴。乳ガンができてしまったが無事摘出、現在再発防止のため日々格闘中!




血統のロマンを求めて
るな生活
むぎばたけ
ハクの日記
KOMA BUUNO
以蔵君
チャールズ1世?Love×∞?
ペットの鏡?!★Merry
はーたんと・・!!
La de casa RALPH
ぶーりーのかぶとむし
marblesちゃん
ホワイトデビルちゃんぷ
ポッキーズルーム
三鬼遊のつれづれ日記
いつもいっしょ♪
Two Bullet Dogs-Mr.Boo&MINNIE
ジロと花の散歩道
長茄子日記
フランダースの犬
OESセエラ&何気ない風景
momochan





ブルテリア 里親募集!
ひまわりパパさんから、「里親募集のブルテリアがいる」とコメントをいただき、
早速、現在預かっている「三鬼遊」さんのブログへ行ってきました。


ブルテリア(♂)4歳。去勢済み。
名前は【ジェル君】です。

どなたか、里親になってくださいます人がいましたら
よろしくお願い致します。


経緯は、写真などは「三鬼遊のつれづれ日記」のコチラをご覧ください・・・。

    ↓   ↓   ↓

11月22日:http://sankiyu.a-thera.jp/article/1210372.html

11月23日:http://sankiyu.a-thera.jp/article/1211693.html

12月2日に、三鬼遊さんからいただいたジェル君の現時点は、
-------------------------------------------------

・ お座り、伏せ、待て、
・ くわえてるモノを『ギブ』のコマンドで離します。
・ 『ジャンプ』のコマンドで目標に向かって飛びます。
・ 『うるさい』 『No』 の意味を解します。

一般的には不便ではない程度にはトレーニングが進んでいます。

トイレは外で行っています。
粗相は我慢の限界までしません。

常について歩きます。
近い将来的にはリードなしで散歩出来る程になると思います。
(ノーリードはダメですが・・・)

現時点では、こんな状態です。
-------------------------------------------------
こちらのコメントに入れていただければ、直接メールさせていただきます。
「三鬼遊さん」のブログの方でも、OKです。

何卒、よろしくお願い致します。


=============================
番頭よりヒトコト

ブルテリアは、やはり難しい犬種だと思っています。
でもその分、愛情をかけてあげれば応えてくれる犬種です。
手放した経緯は、読んでいて私も腹が立ちました。

私だって、ルーシーが若い頃は、刃向かってくるルーシーに、
どれだけ戸惑い、どれだけ泣いて、苦労したか!
一度芽生えてしまった恐怖心を、拭い去ることが難しかったのか?
私も同じような気持ちにはなりましたので、わかる気もしますが、
恐怖心以上に、やはりルーシーが大好きでした。

今だってガルガルムキムキと向かってきますし、熟睡している時は今でも近づけません。(近づく気もありませんが‥‥汗。)
それが彼女と私の距離だと思っています。
決しては噛んでくることはありませんので、歯を出しムキムキしているのが、彼女のコミュニケーション手段として受け取っています。

距離(飼い方)は、世間が決める事じゃなく、飼い主が決めることなのに、きっと「普通のペットはこういうもの‥」っと言う固定観念があったんでしょうか?
「犬を飼う」っと言うことは、「その犬を理解する」と言うことじゃないかなぁ?っと思います。
この子をよく見て理解してあげれば、距離は計れるし、他人に迷惑をかけなければ、それでいいんじゃないでしょうか?

「理解すること」ただ、それだけをわかっていてくれたら、ジェル君もこんな悲しい結果にはならなかったのかなぁっと思います‥。

あくまでも、憶測ですけどね。


ジェル君、早く新しい家族が見つかることを祈っております。
[PR]
by lucyapple | 2007-12-04 16:19
<< お見合い オー次郎のマナーベルト >>



軽井沢に越して来た三匹の犬達(ブルテリア1匹、オールド・イングリッシュ・シープドッグ2匹)のワガママ放浪記。
by lucyapple

カテゴリ
三匹軽井沢を行く
リンゴ ガンと闘う日記
オー次郎の血小板減少症
ルーシーのお仕事
軽井沢の植物
以前の記事
最新のトラックバック
インプラントの認定医
from インプラント情報ナビ
ペット保険ガイド
from ペット保険ガイド
サプリメントを知る!
from サプリメントを知る!
カプサイシン
from サプリメント博士の道
Rent私書箱のブログ
from Rent私書箱のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧