「三匹軽井沢を行く」のオフィシャルサイト「Lucy Web!」は、志なかばにして、閉鎖いたしました‥‥。7年間どうもありがとうございました。
「なぜ?」っと疑問に思われた方は、ココを見てみてください。


ルーシー姉さん(♀)
Mブルテリア
2001年7月11日生
【 名前の由来 】
イギリス犬なのでビートルズにちなみ
本人はその気ではないのに、オールドさん達に勝手に慕われ尊敬されてるのに、オールドさんのモサモサに埋もれ、いつも影が薄い‥。お散歩とオナラをする自分が嫌い。三匹の中で唯一、モデルとして稼ぎがある親孝行な娘である。飼い主とオー次郎には厳しいが、なぜかリンゴには甘い・・・
ルーシーのお仕事見る?



オー次郎(♂)
通称:オーちゃん
OES
2000年5月1日生
【 名前の由来 】
保護した家でオールドなので、オーちゃんと呼ばれていたので
軽井沢で置き去り犬だったオー次郎。野良オールドとして保護され、5歳の時に仲間入りする。来た頃からオヤジキャラだったので、オヤジ郎とも呼ばれている。現在「自己免疫性血小板減少症」と「甲状腺機能低下症」と漢字ばかりの2つの持病を持つ。かなり天然で普段は大人しく、おっとりしており、ルーシーとリンゴに怒られてばかりいるが、意外と喧嘩っ早い。若い女の子が大好きなエロオヤジである‥。一言で彼を例えると「ゆるい」



リンゴ(♀)
OES
2003年3月19日生
【名前の由来】
ルーシーと同じくイギリス犬なのでビートルズにちなみ

とにかくウザイぐらい底抜けに明るい性格。残念なことにルーシーを見習って育ってしまったので、変なオールドになってしまった。いつもクネクネしており、やたらと体が柔らかい。ワンコはすべて「親友」だと思っており、自分を小型犬だと思っているらしい。車が苦手で未だに酔う。常にベロが出ているのが特徴。乳ガンができてしまったが無事摘出、現在再発防止のため日々格闘中!




血統のロマンを求めて
るな生活
むぎばたけ
ハクの日記
KOMA BUUNO
以蔵君
チャールズ1世?Love×∞?
ペットの鏡?!★Merry
はーたんと・・!!
La de casa RALPH
ぶーりーのかぶとむし
marblesちゃん
ホワイトデビルちゃんぷ
ポッキーズルーム
三鬼遊のつれづれ日記
いつもいっしょ♪
Two Bullet Dogs-Mr.Boo&MINNIE
ジロと花の散歩道
長茄子日記
フランダースの犬
OESセエラ&何気ない風景
momochan





カテゴリ:オー次郎の血小板減少症( 26 )
【犬 血小板減少症】 退院!
入院は2泊。

先生からは、足先の炎症の痛みが、退院時に劇的に良くなっている
可能性はないよ。(確かに‥‥)

とは言われていたが、待合室で待っていると、トコトコ歩いてくる
大きなエリザベスをつけた犬が‥‥。


  歩いている!  しかもちょっと小走り!(オヤジ走り)


とりあえず、グチュグチュしていた足の先が乾いた状態になっいて、
痛みは取れたようだ!


入院中、血液検査をしてもらった。
血液検査の結果、今回の血小板の数値は・・・・。

19.2

すごい!
ほぼ標準値に入ってきた!

「これなら免疫抑制剤を飲まないでいってみましょう!
   もしかしたら、このまま飲まずに一生いけるかもしれません」

っと嬉しい言葉までいただいた!

すごい嬉しいぃ~~~!
もう、今回みたいなアカラスとか皮膚炎とかで苦しまずに済むし、
膀胱炎で、痛い思いもしないですむ!
このまま数値が安定してくれれば、本当に嬉しい!


もともと、血小板の数値は正常値だったんだけど、
私が見てない隙に、ドッグフードの袋を破って、お腹いっぱい食べてしまい
そのため、1週間近く下痢と嘔吐に‥‥。
それが引き金となり、血小板の数値に異常をきたしたんじゃないか?っと推測されている‥‥。
いわば、自業自得‥‥^^;
(飼い主の私の責任もあるんだけど‥‥)

もちろん、それだけじゃなく、もともと要因があり、いろいろな悪い条件など重なった結果だけど、生まれつき血小板の数値に異常のあった子ではなかったので、「治る」と言う可能性も大いにあるんじゃないか?っと言うのが、先生の見解のようです。

とにかく、本当に良かったぁ~~!


一緒に久々に甲状腺ホルモンの数値も調べてもらったら、
やはり、想像通り少ない。
今の甲状腺のお薬だと、少し足りないようだけど、臨床的には大丈夫そうなので、
このままの量を継続することになった。

便検査も異常なし。


あとは、頑張ってアカラス治療と、そのためのシャンプー!

オー次郎は、だいぶ体が楽になったようだけど、
飼い主は、まだまだ重労働が続くようです‥‥(T_T)


  シャンプーがね‥‥。
    シャンプーが‥‥‥ブツブツブツ。。。




もう時効だよねぇ~。5年も経つから・・・・。

初めて公開。前の飼い主の頃のオー次郎。
(捨てられる以前の写真)

      ↓   ↓   ↓

c0078578_18192750.jpg

[PR]
by lucyapple | 2010-02-26 18:22 | オー次郎の血小板減少症
【犬 血小板減少症】 アカラス その後
アカラスになり、病院で注射をしてもらい1週間。
今日、オー次郎を病院に連れて行き、そのまま入院になった‥‥。


理由は、足先の皮膚の炎症の悪化で、とうとう歩けなくなってしまったからだ‥‥。


アカラスの発生に気が付いたのが、2週間ほど前。
病院の先生に診てもらった時には、
まだ酷くなかったのでシャンプーで抑えることに。

それから毎日、足先と顎の下をノルバサンでシャンプーしていたが、
どんどん酷くなってしまい、気付いた時には赤く腫れていたので
急いで病院へ。。。。。

病院へ行ってからも、毎日、足先&顎の下を時間をかけてシャンプー。
それから蒸れないようにドライヤーでよく乾かす!

それでも、なかなかよくならないので、おかしいなぁ?とは思っていた。
1日、1日でどんどん症状が悪くなっていくような‥‥??
でも、それは免疫抑制剤のせいで、なかなか良くならないだけで、
すぐに落ち着く!っと勝手に思っていた。
しかも次の診察は、たった1週間後だし!その時に言えばいいや。

注射のあとは、前回の記事のように、ドッグランを走れた。
痛くて、ちょっと足を上げるしぐさをするけど、本人も楽しそう。


で、それから2~3日後。

散歩の歩く速度が遅くなってきた。
リンゴに追いつけなくなってしまったので、オー次郎1匹だけの散歩にした。
腰は痛くなさそうな様子。
4本の足の先から、出血を頻繁にするようになった。


注射から、5日後。

毎朝の朝のノルバサンシャンプーが痛い様子。
歩き方もフラフラしてきた‥。
右後ろ足だけ、特に炎症が酷い。
少しのことですぐに、出血するようになった。


注射から、6日後の朝。

右後ろ足から膿が出てきたので、包帯をしようとするが、
触られるのが痛くて嫌な様子。
シャンプーができる状態ではない。
今日は病院へ行く事ができなかったため、
病院へ電話して現状を相談し、明日の予約を。
起き上がるのが困難になってきた。


注射から、6日後の夜。

出血が止まったり、出血したりの繰り返しが多くなった。
後ろ足を、床につけるのも痛い様子。
右後ろ足は、膿と血が酷く、触ることもできないぐらい痛いらしい。
ほとんど歩けない‥。



病院当日の朝。

トイレの散歩だけは何とか歩くが、
車から降りる事ができない。



病院の駐車場

到着し、降ろそうとしたが、まったく降りない。
抱っこして降ろしたが、一歩も歩くことができなくなってしまって、
男性の先生を呼び、抱っこで診察室へ‥‥。


そして、そのまま入院っとなった‥‥。



こんなスピードで悪化するとは思わなかった‥。
先生も言っていたけど、腰とか体力とかではなく、
足先の炎症の痛みみたい‥‥。

どうやら悪化した原因は、アカラスの増殖ではなく、
ばい菌が入り、それが悪化したようだ‥。
それで、免疫抑制剤を飲んでいたので、皮膚病を治りにくくし、
このような結果になってしまった‥‥。


こんなに可哀想な思いをさせるんだったら、血小板の数値が低いままでいい!
もう、二度と飲ませたくない!

でも‥‥、血小板減少症の辛さは、よくわかってる‥。
体がむくみ、元気もなくなり、体もダルそうだった‥‥。


たった、1つの病気なのに!
その1つの病気のために、こんなにたくさんの病気や辛さを
体験させないといけないなんて!


10歳になるけど、その他は、

目もぜんぜんキレイだし!
耳も遠くないし!
足腰もけっこう丈夫だし!


このたった1つの病気だけなんだよね‥‥。


c0078578_20125624.jpg
ほとんど寝たきりになってしまったオー次郎。
ぬくぬく長座布団が彼の特等席。
[PR]
by lucyapple | 2010-02-22 20:14 | オー次郎の血小板減少症
【犬 血小板減少症】 3度目のアカラス
血小板減少症のため、オー次郎が飲んでいる「免疫抑制剤」の副作用は、
膀胱炎だけではなく、アカラス「ニキビダニ」もなりやすくなる。

今回の発生は、3回目‥‥。

免疫抑制剤を飲んで、2年ほど経ち、
膀胱炎の初めての発生は、半年ほど前。
そして、アカラスの初めての発生は、今から約1年ほど前になる。。。

1回目は、確か6回ほど注射を打ち、ようやく治まった。
2回目は、地元の病院で診てもらうことにし、その病院で3回ほど注射を打ったが、その後、薬の影響を考え、スポット式のお薬、体に垂らすフロントラインのようなお薬に変えて、ニキビダニが多く発生している部分に直接つける方法にした。

そして、今回は3回目。。。

免疫抑制剤の調整もあるので、いつもの埼玉の病院に通うことにした。


1回目は、お腹周りと、前足の肘あたり。
2回目は、4本の足の先。
今回は、顎と後ろ足の先に集中して出ている。


免疫抑制剤を減らしていたので、まさかなるとは思っておらず、
気付くのが遅かったので、かなり悪化させてしまった‥‥。

こういう時は、ルーシーのように短毛の子の方がわかりやすい‥‥(T_T)


顎の下は、皮膚が分厚くなってしまっており、少し出血もある。
後ろ足の指は、赤く倍に腫れ上がり、可哀想に膿んでしまっている‥‥。

症状のヒドイ足先と顎の下を、毎日ノルバサンで洗い、
舐めないように、首にはエリザベスカラー。
ただ足の先は大きなエリザベスでも届いてしまうので、
仕方がなく靴下を履かせるようにした。

今年は雪が多いため、可哀想に雪の中の散歩は足先が滲みるようで辛いらしい。散歩好きなオー次郎だけど、あまり行きたがらない。。。
犬用の靴を購入してみたので、これで少しは楽になってくれるといいけど‥‥。


でも、
「免疫抑制剤が切れれば、もうこんなにオー次郎に辛い思いを
させなくてもすむんだ!」
っと思えば、気持ちも前よりは前向きになれる。


今回の目標は、前回の注射の数より、少なく済むように、
毎日のノルバサンシャンプーと、掻かせない!舐めさせない!


本当にこれで最後にしてあげたいよ‥‥。
痒いのをガマンさせるのも、見ていて可哀想だもんね‥‥・。




数日、続いてる雪。

ドッグランでのボール遊びだけは、今回のアカラスで雪を
嫌がるオー次郎でも、ついつい痛さを忘れてしまうみたい‥‥(*^_^*)



c0078578_2341921.jpg
こぉ〜んな感じで大騒ぎ!


c0078578_2341336.jpg
嬉しそうなリンゴ!


c0078578_2342368.jpg
オー次郎も走り回る!


c0078578_23422763.jpg
ルーシーの華麗な跳躍!


c0078578_23424681.jpg
ヘンな顔のリンゴ・・・・。


c0078578_2343425.jpg
結局、リンゴが一番楽しかったそうだ‥‥^^;
[PR]
by lucyapple | 2010-02-15 23:52 | オー次郎の血小板減少症
【犬 血小板減少症】 決断その2
早速、昨日病院へ行ってきた。

まずは、最近ちょっと足がフラ付くことがあり、気になっていたんだけど、
いろいろ足腰を診てもらっても、すぐに治療をしないといけない状態では
ないみたい。。。

黄色信号「気をつけましょう!」との程度らしい。。。


じゃあ、膀胱炎でも腰を痛がることがあるので、膀胱炎が原因か?

っと思ったんだけど、オシッコの検査は‥‥‥「陰性」。
PHは高いものの、殺菌も砂も混ざっていない。

   まず一旦 「完治」っとなった。


っと言うことは、フラついた原因は何だろう?っと思いながら、
体重測定をしたら、


な!なんと!33.8kg!!

2kg以上も体重が増えてしまっていた‥‥(>_<)



この子は、前から体重が増えるとフラつくことがあったので、
体重管理には、気をつけていたんだけど、今日の測定は今までの最高記録‥‥。

原因は、きっとこれだ・・・・・ガ~ン|||(T_T)



午後に病院へ行ってしまったため、血液中のホルモン分泌量の検査はできなかったが、いつもの血小板の数値の検査をした。
※ホルモン分泌量の検査に関しては、朝一、ゴハン抜き、が一番正確に検査ができるとのこと。


2度目の膀胱炎になってから、一応免疫抑制剤を絶つ方向で、
毎日飲んでいた薬を、2日に1回に減らし、2週間様子を見ての今日の検査だ。


なぜか、これも今までの最高 15,000!!!

こっちは嬉しいビックリだ~(^O^)/


オデブ以外は体調もよさそうなので、今度は3日に1度、
免疫抑制剤を飲むことになった。

甲状腺ホルモンのお薬も、必要量の0.6に上げ、
2週間後にいよいよ免疫抑制剤を絶ちます!


血小板減少症が治ることはないので、どれぐらい長い期間、免疫抑制剤を
絶つことができるかは、わからないけど、少しでも長く絶つことができれば
他の病気への影響も落ち着いてくれることもできるはず!


怖いけど、一緒に頑張っるきゃないね!


c0078578_1471640.jpg



耳の毛を短く切ったら
オカッパ頭になっちゃった‥(T_T)
[PR]
by lucyapple | 2010-01-29 14:19 | オー次郎の血小板減少症
【犬 血小板減少症】 苦渋の決断。 膀胱炎
昨年11月下旬頃から、膀胱炎になってしまったオー次郎。
オー次郎の膀胱炎は、「クラブジエラ」っという、ちょっと珍しい細菌による膀胱炎のため、処方食では抑えることができず、抗生物質のお薬でしか治すことができない。。。
ただ、抗生物質は長く投与していると、効かなくなる恐れがある。。。

12月末の検査の時に、細菌がほとんどいなくなり、12月31日の通院の時には
「完治」っと言う診断を先生から無事にもらった!

でも‥‥。

またお薬を絶ち、10日ほど経った朝。
また膀胱炎の症状が出始めてしまった‥‥。

すぐに先生に連絡をし、抗生物質を手配してもらい、また飲み続けることになった。


オー次郎の「膀胱炎」は、血小板減少症の為に飲んでいる「免疫抑制剤」の薬の副作用。
ステロイドも一緒に飲んでいるが、5日に1錠と、オー次郎の体にはほとんど影響がない程度して飲んでいないので、免疫抑制剤の副作用に間違いはないようだ‥‥。

それは、地元でお世話になっている獣医さんも同じ意見だったので、
多分、間違いはないと思う。


結局、今は副作用で起きる「アカラス」も完全完治状態ではないし、
肝臓の数値もあまりよくない‥‥。


一番の原因の血小板の数値はと言うと、なぜか非常に安定しており、
今までになく、数値が高い!
大型犬にしてみると、標準数値より下回るけど、まぁ~まぁ~ってトコかなぁ?


そんな訳で、現在苦渋の決断を迫られてる‥‥。


「免疫抑制剤」の投与をやめてしまうか?どうするか?


膀胱炎の症状が続いてしまい、抗生物質を飲み続け、最後には効かなくなってしまうことは、どうしても避けたい‥。

でも、血小板の数値が少ないのは、それはそれで危険が伴う‥‥。



今日は、それを相談しに、これから病院です‥‥。



甲状腺ホルモンの数値も少ないオー次郎は、本来だったら1日「0.6」必要になるところを、金額的な問題で、最低限の「0.2」だけお薬を飲んでいる。

今の私の考えは、一旦免疫抑制剤をストップして、甲状腺ホルモンのお薬を必要分の0.6与えて様子を診るのが一番なのかなぁ?っと言う感じ‥‥。



オー次郎は、まだ9歳。
いくら大型犬と言っても、まだまだ頑張れるはず!
彼の免疫力を信じて、病院へ行ってきます!

私も納得のいく治療をしていきたい‥。



c0078578_1402316.jpg
[PR]
by lucyapple | 2010-01-28 14:06 | オー次郎の血小板減少症
【犬 血小板減少症】 ようやく・・・
GW中、毎年忙しくて忘れてしまっているけど、
5月1日はオー次郎の誕生日。
彼もとうとう9歳!
うちに来た時は5歳で、一番男盛りだったのに、もう初老を迎えようとしている‥。
本当に早いものです‥‥。
ルーシーは7月で8歳なので、前からこの2匹だけは、シニアのドッグフードに切り替えようと思っていたが、なかなか切り替えられずにいたが、先日、思い切ってシニアのフードを購入してみた。
まだまだ、2匹とも元気そうなので、今は成犬用と併せて食べさせている。

「とうとう、こんな年になってしまったんだ‥」

シニアのドッグフードの袋を始めて開けた時、キュンっと胸が痛くなった‥‥。
こういう気持ちは、ペットを飼っている人なら誰でも経験するんだろうな‥。
寂しいけどね‥‥(T_T)



ようやく仕事も落ち着き、フェラリアの薬をもらいにいかないといけなかったので
オー次郎の血小板の数値検査も含め、久しぶりに病院へ行った。
毎月のように行っていた病院も、もう3ヶ月ぶり。
久々の血液検査だったが、最近、調子も良さそうなので、あまり心配はしていなかったが
やはり結果を聞くまでちょっとドキドキする‥‥(*^_^*)

数値は「10.3」
ホントっに久しぶりに!二桁!
ステロイドを1週間に1錠だったのを、5日に1錠のしたのが
ちょうど今のオー次郎にはあっているようだ。

ただ、最近毛抜けがひどくなってきている‥。
多分、甲状腺のお薬の量が足りなくなってきているみたい‥‥。
まだまだ悩みはつきなそうだ‥‥(T_T)


フロントラインとは別に、フォートレインっと言うお薬が出ていた。
フロントラインは、食いついたダニを落としてくれるが、フォートレインはダニ・ノミを
付かなくしてくれるそうだ。
1ヶ月に1度、フロントラインと同じようにスポイト状のものを首元に付ける。
価格もさほど変わらない。
ダニが本当に多い軽井沢なので、効果があるといいんだけど!


オー次郎は、今のところは体も順調のようだけど、あと問題はリンゴ‥‥。
お尻にオデキができているのが気になるので、今度はリンゴの病院です‥‥。

        はぁ~~。


c0078578_159171.jpg

診察室でのオー次郎。
[PR]
by lucyapple | 2009-05-26 15:11 | オー次郎の血小板減少症
リンゴ誕生日
3月19日。
今日はリンゴの6歳の誕生日!

リンゴは我が家でも一番存在感があるので、「まだ6歳なんだぁ〜」っと思ってしまう。
でもその反面、子犬の頃から変わらぬ性格で、一番、甘えん坊、やんちゃで、いたずら好きで、寝相が悪くて‥。
「いつになったら落ち着くの?」と私に聞くのがパパの口癖になるほど‥。
しかも最近では、ルーシーですら、彼女を怒るのを諦めてしまっており、リンゴのなすがままになっている‥‥(^_^;)

まぁ〜、何にせよ。いろいろあったが、元気で無事に6歳の誕生日を迎えられたので、本当に良かった(*^^*)


先日、オー次郎の血小板減少症の治療のため、血液検査に行ってきた。
アカラスのチェックもしてもらったら、まったく見つからなかったので、ようやくこれで「完治」。本当に洗うのが大変だったので、番頭の苦労も報われた‥(T_T)

で、肝心の血液検査‥‥。
あまり期待していなかったが、結果はけっこう良く「9.5」!
ちょっとビックリ。
ここ何回かの血液検査の中では、かなりいい成績だ。
(本当は30近くあるのがベストだけど‥‥)

今回成績が良かったのは、甲状腺のホルモンのお薬が前回より強い薬に変えており、その効果も若干あるんではないかと。
確かに、ここ1年ぐらい毛が伸びておらず、オールドなのにカットせずに今の長さをキープしており、アンダーコートも薄い状態だったが、最近は昔のようにアンダーもしっかりしてきて、少し毛が絡まるようになった。久々にオー次郎の毛玉を見て、ちょっと感動してほどだ。

でも、これからはオー次郎の苦手な「暑さ」が近づいてくる‥。
この病気になる前までは、そんなに苦手ではなかったんだけど、今は「暑さ」にはかなり敏感で、すぐに体調を崩してします‥‥。
軽井沢にいて、暑さが苦手っと言うのは贅沢な話しだけどね‥‥(^^ゞ


c0078578_1835328.jpg



ルーシー姉さんは、オールドさん達とは違って、これからは嬉しい暖かい日が続いてくれる。
寒い冬は機嫌も悪く、散歩も拒んでいたが、ここ数日のポカポカ陽気に気を良くして、散歩も進んで行くようになった。
姉さんだけは、オールドん達と逆行しているようだ‥‥。


c0078578_1872651.jpg

姉さん、高い所も好き。
[PR]
by lucyapple | 2009-03-19 18:15 | オー次郎の血小板減少症
【犬 甲状腺機能低下症】 まだまだ良くならず‥‥
ここ2~3日、すっごく暖かくなった。
軽井沢でも、昼間は10度以上になり、今日が何月なのか?わからなくなってしまいそうだ‥‥。

先日、久々に雪が降ったけど、この陽気ではすぐに溶けてしまうと思い、
三匹を朝早くから遊ばせることにした。

c0078578_16521536.jpg

やはりその日の昼には、もう溶けてしまい、泥だらけになってしまったので
三匹には、短いお楽しみでした‥‥。



オー次郎のアカラスは、3回注射は終わっているが、ぜんぜん良くならない‥‥。
局所型のアカラスのようなので、右足の1部分とお腹のみ症状が出ているんだけど
まだ、かゆみも止まらないらしい‥。

お腹部分は、マナーベストを当てていれば、舐めずに済むので問題はないが
足の部分は、どうしても舐めてしまうため、エリザベスカラーが手放せない‥。

小さい犬なら良かったんだけど、狭い家にデカイ犬だけでも「邪魔だなぁ~」っと感じているのに、エリザベスをしていると、頭の幅が倍以上になっている‥‥。

本人は、エリザベスをしている事に対しての「物との距離感」みたいなものはわからないらしく、物を倒したり、ドアにガンガンンぶつかったり‥‥。
逆に言うと、している事によるストレスを感じていないっと言うことなので、良いことなんだろうけど、私たちのストレスの方が心配になってくる‥‥(T_T)


アカラスができてしまった原因は、免疫力の低下と、お薬のせいのようだ。
薬を飲んでいることへの影響がこんなところにも出てしまうとは‥‥。

1~2ヶ月前から、また毛も薄くなってきていた。
多分、甲状腺ホルモンの低下が原因で、アカラスが発生し、治りも悪いよう‥。
30kgの雄犬の量の半分以下のお薬で誤魔化していたんだけど、年齢も上がったこともあり、やはり効かなくなってきてしまったようだ‥‥。

次回は血小板減少症の血液検査なんだけど、そっちもあまり期待できそうにないし‥‥。悩みが尽きない‥‥(T_T)

血小板の数値を上げるために飲んでいる免疫抑制剤の影響で
アカラスが出たとか出ないとか‥‥‥。


ダメだ‥‥私の小さい脳みそで考えると、頭が痛くなる‥‥。
          やはり、よくわからない‥‥(T_T)


c0078578_17455365.jpg

埼玉の病院の帰り、上里S.Aのスタバでオー次郎とお茶をするのが日課になっている。最近は、シールをくれるので、記念にエリザベスカラーにペタペタっと。。。
だいぶ、増えてきた!
[PR]
by lucyapple | 2009-02-14 17:57 | オー次郎の血小板減少症
【犬 血小板減少症】  その二
血小板減少症の治療で、前回の病院では、安定していた血小板の数値が下がり、
0以下のなってしまい、かなり焦りました。
ステロイドも週に1錠から、2錠に増やし、様子をみてみたんだけど
さてさて、結果は・・・・・・・・。

とりあえず、「5」まで回復。
ひとまず、ホッ‥‥。

っと言っても、5では、ぜんぜん足りないんだけど、
ステロイドを飲めば、数値もあがるということもわかった。

でも、やはりステロイドがどんどん効かなくなってきているのは
紛れもない事実。。。
今後、どうしていくか?
このままの状態でも大丈夫なのか?
それが、これからの問題です・・・。


こんな病気なのにも関わらず、なぜか相変わらず元気なオヤジ。
病院のあと、ちょっと足を伸ばし、高崎のカフェ「ノアール・カフェ (NOiR CAFE)」
に、付き添いに来てくれたチワワのカノコとカノコママと、一緒に行ってきました。

c0078578_1731492.jpg
チワワのカノコに怒られながらも、若い女の子のお客さんが
たくさんいて、ウハウハだったオー次郎。
始終、顔がニヤケテいたオヤジ。。。。(写真参照)

しまいには、隣のカワイイ女の子のテーブルにくっついてしまい、
呼んでも離れなくなってしまった‥^^;




c0078578_17283662.jpg







←ワンコ用ミートローフ。
  オー次郎の大好物!


c0078578_17381768.jpg




←メイン料理の前のスープ。


あ‥‥、メイン料理の写真を撮り忘れた‥。
[PR]
by lucyapple | 2008-12-04 17:41 | オー次郎の血小板減少症
【犬 血小板減少症】 もう1錠追加‥‥
前回の病院、血小板の数値が下がってしまったので、
1ヶ月後に病院に再来院することになっており、さっそく行ってきました。

オーちゃん、元気はいい!食欲もある!
ただ、ちょっと足がふらつく事があるが、ヘルニアの手前‥‥の
腰の悪さを持っているので、そのせいかは?わからないけど
ルーシーとドッグランで遊ぶ時は、本当に楽しそうで、
状態が悪くなっている感じには思えない‥‥。



‥‥‥でも‥‥、 何かが違う?

言い表せないけど、安定しているとは思えない‥‥。



飼い主の「勘」っと言うのは、本当によく当たるもんです。。。。
以前、お世話になっていた獣医さんに

「飼い主さんの勘で病気が見つかることがよくある。
    その時がきたら、飼い主さんには、わかるんですよ。」

っと、言われたことがあった。
まさに、その通り!!


また、「0」を切ってしまいました‥‥。


今、飲んでいるステロイドの量では、効かなくなってしまった。。。っと言うことは

「お薬が、どんどん効かなくなってきている‥‥」

まだまだ方法はたくさんあるんだけど、それはわかっているんだけど、
不安になってしまい、待合室で涙が止まらなくなってしまった‥‥(T_T)
(これぐらいで、泣いている飼い主は、私ぐらいだよな‥‥)

とりあえず、顕微鏡で先生が血小板の確認をしてくれたところ、
まったく無い訳ではなく、少しの出血の量だったら、自力で止まるとのこと。
でも、もし出血が止まらない感覚があったら、すぐに病院に連れてくるよう言われました。

今度から、ステロイドの量を増やし、しばらく様子を見ることに。。。

免疫力を上げるサプリメント(プロポリス)を毎日飲ませたりしているけど、
ここまで、自己免疫力を壊してしまっていると、やはり効果は実感できない‥‥。
今は、お薬に頼るしか、方法はないようです。。。


何通りかある方法の中で、1回効果が上がらなくなってしまっただけで
こんなに凹むとは‥‥。
シニア犬に入った犬(ルーシー)が、まだいるのに、
こんな事で凹んでいて大丈夫か!私?
自分の精神力が一番不安に感じる今日この頃です‥‥。

そんな飼い主の気持ちを知ってか?知らずか?
今日もキレイな新米獣医さんにデレデレだったオーちゃんでした‥‥(-_-;)
(血小板がないクセに!生意気だぞ!!)

         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

c0078578_18204332.jpg
[PR]
by lucyapple | 2008-11-16 18:25 | オー次郎の血小板減少症



軽井沢に越して来た三匹の犬達(ブルテリア1匹、オールド・イングリッシュ・シープドッグ2匹)のワガママ放浪記。
by lucyapple

カテゴリ
三匹軽井沢を行く
リンゴ ガンと闘う日記
オー次郎の血小板減少症
ルーシーのお仕事
軽井沢の植物
以前の記事
最新のトラックバック
インプラントの認定医
from インプラント情報ナビ
ペット保険ガイド
from ペット保険ガイド
サプリメントを知る!
from サプリメントを知る!
カプサイシン
from サプリメント博士の道
Rent私書箱のブログ
from Rent私書箱のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧